費用0円で10キロ痩せたシングルマザー

Posted by user - 2月 15th, 2014

子供が保育園に通っていたときに知り合ったシングルマザーのお話です。
彼女はお子さんが生まれたときからシングルマザーで娘さんを育ててきました。
いつも1人で仕事と子育てを1人でこなし、多忙なためにとても自分のことには構っていられない、という様子でした。

そんな彼女がお互いの子供達が小学校一年生に上がったころ、
なんだかとても綺麗になったような気がしたので聞いてみたところ
「半年前から朝30分家の周りをジョギングしてる」というのです。

始めてから平均して1ヶ月1キロずつ痩せ続け、その時点で合計6キロ痩せていたのです。
元々それほど太っているようには見えなかったのですが、
ご本人の人生の中では初めての太り方だったそうです。
大体5キロを越したところで人から「痩せた?」と聞かれるようになったそうです。

平日は通常朝6時頃から朝の支度を始めるそうなのですが、
ダイエットを始めてからは朝の5時に起きて水分だけを取り、
ウォーキングが少し早くなった程度の速度で少しずつ走り、
毎日同じ時間に体重を量り、ノートに折れ線グラフで記録して身体の変化をチェックしたそうです。
夕食は娘さんとの団欒を壊したくなかったので適度にとって、
後は朝食に全部回して一日全体の食事の量は変わらないようにしたそうです。

始め3キロ痩せたあたりで一度全く体重計の数字が動かなくなったそうですが、
あせらずそのまま一ヶ月間同じやり方を続けたらその後はすんなりと着実に少しずつ痩せていったようです。

ダイエットを始めた動機は、娘さんが少し大きくなったところで
「この子は私だけが頼りだ。健康で長生きしなければ」と思ったからなのだとか。
その後も彼女は順調にダイエットに成功し合計で8キロ痩せた時点で
ジョギングは健康のために続けるものの食事は元の状態に戻し同じ体重を保っています。
「痩せすぎも身体によくないから」と食事が運動量と比べて少ないと感じたときには
むしろ積極的に高カロリーのものを摂るようにしているとのことです。

元々ファッションのために始めたダイエットではないようですが、
結果的に「着られる洋服の幅も増えてファッションが前より楽しめるようになった」といっていました。
母の思いが「美」までもたらしてしまった良い例です。

タグ: , ,

Comments are closed.

Blog Home